おすすめツアー・企画


©宝塚歌劇団 Photographer 富田 眞光
明日海りお(下)、仙名彩世

父は宝塚歌劇団を代表する作曲家 故・中元清純、母と叔母も元タカラジェンヌ、叔父はクラリネット奏者という芸術一家で育つ。宝塚歌劇団月組に7年在団。1991年「ベルサイユのばら(オスカル編)」にて初舞台を踏み、以降「風と共に去りぬ」「ME AND MY GIRL」他、娘役で多数出演。退団後は女優としてミュージカル「赤毛のアン」に主演するなど、映画・ドラマ・舞台などで活躍中。

祝祭喜歌劇『CASANOVA』
作・演出/生田 大和  作曲/ドーヴ・アチア
Contact and Agent of Mr. Dove Attia: Guillaume Lagorce Organisation info@glorganisation.com

18世紀ヴェネツィアに生まれ、ロココ文化華やかなりしヨーロッパ諸国を跳梁(ちょうりょう)した稀代のプレイボーイ、ジャコモ・カサノヴァ。詩人や作家、聖職者、詐欺師、錬金術師、そしてスパイ……様々な貌(かお)を持つカサノヴァが辿った数奇な人生を基に、愛と夢に彩られた冒険譚を明日海りお主演のオリジナル・ストーリーで綴るスペクタクル・ミュージカル大作。
数度にわたって繰り返し映画などの題材とされてきた「世界の恋人(カサノヴァ)」が、『太陽王』『1789』『アーサー王伝説』などを手がけたドーヴ・アチア氏書き下ろしの楽曲と共に、宝塚歌劇の舞台に新たに蘇ります。 数々の女性と浮名を流し、ヴェネツィアの風紀を乱した罪で「鉛屋根の監獄」に投獄されたカサノヴァは周到な計画を立て、見事脱獄を果たす!!……折しもヴェネツィアはカーニヴァルの日を迎えている。その人混みに乗じて逃亡を試みるものの、脱獄したカサノヴァがカーニヴァルに紛れている事に気がついた街の女達がこぞって彼を助けようとしたばかりに、かえって大騒動となる!!……その最中、カサノヴァは一人の女性と出会う。修道院での行儀見習いを終えたばかりというヴェネツィア総督の姪、ベアトリーチェ。彼女との出会いが、カサノヴァの運命を大きく揺り動かして行く。 理想の愛を求め、彷徨い続けるカサノヴァが最後に辿り着くところとは…… 水上都市ヴェネツィアを舞台に、カサノヴァの新たな冒険が今、幕を開ける……!! 主演/明日海 りお、仙名 彩世

【申込み・問合せ】 ㈱バーツプロダクション旅行事業部 かなえる旅行社
TEL 025-512-5888 担当:吉田
メール:yoshida@kanaeru.club
営業時間10:00~17:30(月~土)
※日曜、祝日 定休
12/29(土)~1/3(木)は休業
申込み〆切 1月22日(火)